伸和コントロールズ

NEXT

PRODUCT事業・製品

半導体

半導体Semiconductor

PC、スマートフォン、液晶パネル他多数のデジタル機器に用いる半導体製造に欠かせないのが当社の製品。世界の半導体市場を支える大手メーカー各社から、厚い信頼を頂いており、数多くの導入実績を誇ります。

エネルギー

エネルギーEnergy

燃料電池を中心に、自動車など私達の生活に身近なモノを影から支える当社の技術力。近年では水素燃料を始めとした次世代エネルギーの普及を視野に入れた製品も開発しています。

メディカル

メディカルMediacal

当社の技術力の根幹である電磁弁等により、様々な医療シーンでも当社の製品が暗躍しています。例えば、歯科医等に設置された歯科用ユニットにも、当社の技術が活かされています。

宇宙

宇宙Universe

微細な流体調整を実現する当社の技術力は、地球上のみならず「人工衛星の姿勢制御」といった、宇宙開発の分野にも導入され、新たなチャレンジもスタートしています。

PROCESS製造プロセス

当社の扱う製品が完成するまでには、数多くの工程と共に、あらゆる知識を持った技術者が関わり合っています。
ここではその製造プロセスの詳細に加え、どんな知識・スキルを持った方が、どのように関わり合うかをご紹介します。

製造プロセス

INTERVIEWスタッフインタビュー

機械・材料学部出身の先輩の声

大手メーカーと渡り合える技術力。
長年の納入実績と信頼が語る伸和の「力」
私たちの製品は、世間の人々目には触れない所で活躍しています。例えば、世界屈指の半導体メーカーの製造プロセス、医療現場や人工衛星、そして最近話題になり始めた「水素自動車」の燃料供給に使われる「水素ステーション」まで。全てに共通するのは、「他の会社では”ニッチすぎて”或いは”要求レベルが高く”一筋縄では行かない案件である」ということ。そしてそれこそが、当社が長年掛けて積み重ねてきた、技術開発の歴史と数多くの納入実績を物語っているのです。たまに、誰もが知るいわば超大手と言われる有名企業へ、当社の製品が何台も納品されている所を見かける度に、改めて当社の凄みを感じています。
偉大な先人達、先輩達の足跡を追いかけて。
材料学部出身の私にとっては、機械工学・材料工学は必須分野だった為、今でも大分活かせていると感じています。一方で現場に配属されると一番に感じるのが、「専門用語」の分からなさ。一瞬「外国か?」と思ってしまう程、聞きなれない単語が社内を飛び交っている為、仕事中も書籍・インターネットを通じた勉強は欠かせません。ですが、凄いなと思うのは「今の自分レベル+@」の仕事を見極めて任せてくれるということ。面倒見もよく、的確なアドバイスをくれ、将来の道筋も明確にしてくれる為、一つ一つの階段を登っていくイメージで成長していけるのです。きっと先輩方も、そうした「学び、育つ」環境で、技術を身に着けてきたのでしょうね。

電気・電子学部出身の先輩の声

お客様のニーズを必ずカタチにする、
それが世界の技術進歩に繋がるという確信
伸和コントロールズの魅力は、何と言ってもその技術力と対応力。お客様からご要望頂ければ、どんな性能もコンマミクロンの制御精度で必ず実現します。当社のお取引先は世界を代表する半導体メーカーや大手製造メーカーがその大半。そのご要望に私たちがお応えできれば、それだけ技術が進歩し、人々の生活が確実に豊かになるのです。だからこそ私たちは決して妥協しない。絶対にお客様のご要望をカタチにして見せる。そんな気概に溢れた技術者集団です。また、私は元々電気電子学科を専攻していたので、就職先も専攻を活かせる仕事を目指していました。その中で当社の「世界屈指の半導体企業」を支えているという点は、極めて印象的でした。
基礎知識は大切。でも肝心なのは入社後の「学ぶ姿勢」
私自身、学生時代に勉強した電気・電子の知識は、とても役立っています。やはり基礎を知っているだけでも、当社の仕事の全貌を掴め易いので、それだけ仕事にも着手しやすいですね。ただし共通して言えるのは、専門知識の習得は入社してからが大半であるということ。学校で学べることと、実践で身につく事はやはり違いますからね。入社してからは、比較的早い内からプロジェクトに配属される事も多く、最初は戸惑う事も多いと思います。ですが、それだけ早く生の技術に触れ、熟練した先輩と関わり、学ぶ事ができます。更には、希望すれば様々な通信講座やセミナーも受講でき、優秀な成績を納めれば奨励金もあります。こうした自発的に学べる環境が整っている点も、当社の魅力の一つです。

EDUCATION教育・研修

業界最先端を担う技術者を育成するべく、当社には新人・中堅社員への様々な研修制度があります。
その一部分をご紹介します。

階層別教育体系

階層別教育体系

育成ステップ

社会人としての意識醸成や、最低限必要となるビジネスマナー等の基礎を習得する

着実な業務遂行と、周囲との良好な信頼関係を構築するためのコミュニケーションスキルを学び、今後の主体的な活動に向けての土台と支援環境を作る

これまでに構築した周囲との信頼関係と、業務で培った専門知識を活かして、主体的に職場の問題を発見し、解決に向けた行動を起こすための意識醸成とスキル習得を行う

育成ステップ

HOW TO ENTRYエントリーはこちら

マイナビ2018